家庭内での節電 - 上手に節電する方法→めざせ節電15%

家庭内での節電

ご家庭での節電というと、お店や企業などに比べると大したことないのでは?と思ってしまいますが、関東全域にお住いの皆さんが全員協力したとしたら、非常に膨大な電力の節約になるのです。
その証拠に、震災直後に実施された計画停電は、しばらく経って必要なくなりました。
暖房が必要なくなるほど気温が高くなったというのも大きな理由のひとつではありますが、皆さんのできる範囲の小さな節電の積み重ねというのが非常に大きなものとなってくれたのです。

善意の気持ちも込められた節電が、大勢のためにもなり、また、電気代が少なくなることで各ご家庭にも良い影響が出たのではないでしょうか。
1か月当たり、数百円も電気代が下がったというご家庭もあるかと思います。
ご家庭でできる節電とは、決して、寒いのに暖房をつけてはいけないとか、部屋を暗くして過ごさなければけいないと言っているのではありません。
今まで、「無意識にやっていたような無駄をまずは無くしていきましょう。」ということなのですね。
例えば、寒い時期であれば、暖房の設定温度を1〜2度下げるということもそうですし、夏でしたら冷房の温度を1〜2度上げるということが大切なのです。
他には、お手洗いの電気を消し忘れないようにしたり、玄関の電気を消すようにしたりすることもそうですね。
これまで何気なくやっていた電気の無駄を見直すだけでも、大勢の方々が行うことによって大きな節電となるのです。
さらに節電意識が高まれば、もっと色々節電の工夫をすることが出来るでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。