節電のヒント(炊飯器) - 上手に節電する方法→めざせ節電15%

節電のヒント(炊飯器)

炊飯器の節電について考えてみましょう。炊飯器もどこのご家庭にもある家電製品のひとつであり、冷蔵庫と並んで一家に一台はあると思います。
さて、炊飯器でできる節電というのはあまり多くはありません。
まずは、炊飯器を使用せずに、お鍋でご飯を炊くことです。炊飯器も熱を利用してご飯を炊く家電なので、意外と電気を使用します。お鍋でご飯を炊けば、大きな節電が出来ますが、普段お鍋でご飯を炊いたことがないという方は難しいと思われるのではないでしょうか?水の量さえ覚えてしまえば、炊飯器よりもおいしく炊けるので、是非挑戦してみてください。
いつも同じ分量を炊いているという方は、一度水の量を計ってお鍋でも炊けるように練習しておくと、万が一、停電が数日間続くということがあったとしても、ガスさえ使えれば美味しいご飯を炊くことができます。
次に炊飯器で出来る節電方法は、保温です。保温をしている間、ずっと熱を発して温めているということですから、多くの電気を使用します。保温をしないで冷めてしまったご飯でも、食べる直前に温めなおす方が、少しですが電力は少なくて済むのです。
いつも同じ分量を炊いていらっしゃるのであれば、一度、水の量を計ってお鍋でも炊けるように練習しておくと良いでしょう。
もっと節電したいとか、停電の時などは、温めもガスコンロを使ってすることができますよ。
お茶碗によそったご飯にラップを軽くして、少しのお水をいれた深い鍋にいれて、7〜8分蒸すのです。
その他の方法として、炒めてチャーハンやチキンライスにしたり、おじややリゾットにして食べれば大きな節電になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。